Amazonギフト券買取Amazonギフト券買取

  • 業界No.1高価買取
  • 最短5分即日振込
  • 手数料0円
  • 365日24時間

『アマプライム』にお任せください!

amazonギフト券やiTunesなど全16種類の高価買取実施中!amazonギフト券なら最大94.8%!!

『アマプライム』にお任せください!

  • 業界No.1高価買取
  • 最短5分即日振込
  • 手数料0円
  • 365日24時間

マックカード金券ショップのアイキャッチ

マックカードを金券ショップで購入したいのに、どこも在庫不足で買うことができない!

このように金券ショップでマックカードが購入できず、お困りではありませんか?

ここ最近マックカードが在庫切れの金券ショップが増えてきていることにはお気づきでしょうか?

これは気のせいではなく、マックカードの販売を行っている金券ショップは確実に減少しているのです。

今回は金券ショップでマックカードの取り扱いが減っている原因について解説していきます。

金券ショップでマックカードが見つからないたった1つの理由

マックカードロス

結論から言うとマックカードが金券ショップの在庫から激減した理由は、専門業者からの仕入れが無くなった事が原因になります。

マックカードに限らず、金券ショップが商品在庫の仕入れを行う方法は「『業者』もしくは『一般客』からの金券の買取」が主です。

業者はマクドナルドから一度に大量のマックカードを購入することにより割引を受けており、そこで購入したマックカードを金券ショップに卸すことで差額分の利益を得ていました。

ところが、ここ数年でこの業者経由でのマックカードの仕入れが無くなってしまったのです。

どうやらマクドナルドが業者向け大量販売を取り止めたことにより、業者がマックカードの卸しから撤退したという経緯があるようです。これにより金券ショップ側が仕入れるマックカードが激減し、金券ショップの店頭にマックカードが並びづらくなっています。

もちろん、その後も継続して一般客からのマックカードの買取を受け付けている金券ショップがほとんどです。
しかし、実態として業者からの大量入荷という手段を失ってしまったため全体の流通量は減少しています。

解決!マックカードを購入する3つの方法

金券ショップではなかなか見かけなくなってしまったマックカードですが、購入する事自体は決して難しくありません。

マックカードには「オーケストラ」「ドライブ」の2種類のデザインが用意されており、それ以外に「オリジナルデザイン」のマックカードも作れるようになっています。店頭や、メールで購入することが可能です。

マックカードデザイン

マックカードを購入する方法は全部で3つです。

それではそれぞれの方法ついて詳しく説明していきましょう。

店頭で購入する方法

マックカード店舗購入

店頭で購入する方法は最もお手軽な購入方法です。

マクドナルド店頭レジでの会計時にマックカードを注文すれば、マックカード(500円分)を1枚500円で販売してくれます。

購入時に「オーケストラ」か「ドライブ」のデザインを選択できますが、各店舗の在庫状況によっては選べない場合もあるので注意してください。

ドライブスルーでも同様で、注文時にマックカードを注文して購入することができるのです。

また、マックカード専用封筒(無料)をつけてもらうこともできます。

ただし、店舗によってはマックカードを取り扱っていない店舗もあるようなので、確実に欲しい場合は事前に電話などで確認しておく方が良いでしょう。

オンラインサイトから購入する方法

マックカード9

マックカードはインターネット上の、オンラインサイトでも購入することが可能です。

一度にまとまった枚数のマックカードを購入したい場合は、メールでの注文が適しています。

メール注文の場合は最低の注文枚数が50枚からとなっているためです。

また、メール注文したマックカードは郵送されてくるためその分の送料がかかります。申込書に注文枚数を入力すると自動計算で送料が表示されるので忘れずに確認しておいてください。

メールで注文の手順は以下の通りになります。

手続きにかかる日数としては①~②までで7~10日程度、②~③までは3営業日以内です。
そのため、メール注文でマックカードが手元に届くまでは大体2週間を目安と考えましょう。

電話で問い合わせて購入する方法

オリジナルマックカード

マックカードは電話で、マックカード事務局に電話して購入する事も可能です。
またこの方法であれば、オリジナルデザインのマックカードを購入することも出来ます。

オリジナルデザインのマックカードを注文する場合、特に決まった申し込みフォーム等は無いです。

まずは電話かメールでマックカード事務局に問い合わせて、そこから順次案内に沿って作成を進めていくことになります。

オリジナルマックカードの最低注文枚数は100枚からです。

マックカード事務局の受付時間は平日9時~17時となっているので、メールの返信もこの時間帯と考えてやり取りを進めましょう。

自社のロゴや自前の写真・イラスト等がデザインされたマックカードを使えば、イベントやパーティーで活用できること間違いなしです!

マックカードを安く手に入れる方法

マックカード5

マックカードを定価よりも安くする購入方法は現在だとかなり限られていますが、決して方法が無いわけではありません。

金券ショップで一般客がマックカードを売却し、それが商品として店頭に並んでいる場合は定価以下で買うことが可能です。

また、ヤフオク等のオークションサイトでマックカードが出品されている場合もあります。

ただし、調べた限り定価よりも安く出品されているケースは極めて稀です。

さらにオークションはその性質上、販売価格が徐々に値上がりするので定価より安値が付いていても最終的に定価を上回る可能性も大いにあります。

オークションサイトでマックカードを購入する際は金額を慎重に確認しながら入札するようにしましょう。

マックカードの活用術

マックカードは持っているけど普段マクドナルドを食べないから使う機会がないという方のために、マックカードの活用術を2つ紹介します。

上記2つの方法でマックカードを上手く活用してみましょう。

プレゼントや景品としてマックカードを入手する機会もあるので、ここで紹介する活用方法は必見です。

売却する

マックカード売却

一つ目は金券ショップやオークションサイトで売却するという方法です。

マクドナルドは全国に3000近い店舗を構えており、断トツで国内店舗数1位のハンバーガーチェーン店となっています。

そのためマックカードは金券ショップやオークションサイトでも人気の高い商品です。

金券ショップの場合マックカードの買取率は店舗によって変わってきますが、金券としての価値は比較的高いので95~98%での買取が見込めます。

買取率の低い店舗はこちらから売却を断るか、買取率を上げてもらうよう交渉してみるだけの価値はあると言えるのです。

現在ではマックカード全体の流通量が激減したことにより金券ショップで商品として並ぶ機会も減りましたが、マックカード自体の価値や利便性が変わったわけではありません

そのため稀に金券ショップに商品として並んでいても比較的サクサク売れていきます。

不要なマックカードを処分したい方と、人気のマックカードを商品として仕入れたい金券ショップとでウィンウィンの関係が築ける事でしょう。

お釣りで得する

マックカードのお釣り

マックカード最大の特徴の一つとして「お釣りを現金で貰える」というポイントがあります。

通常のプリペイドカードだと、カード内の額面は全額使い切りが原則でお釣りを現金で貰えるというようなことはありません。

しかしマックカードはプリペイドカードではなく、あくまでもマックカードなのでお釣りを現金で受け取ることができるのです。この特徴を利用すれば、100円マックなど安値の商品を購入してそのお釣りを現金で受け取るという活用方が可能になります。

ところで、マクドナルドの最安値商品と聞くと「スマイル0円」を思い浮かべる方もいるのではないでしょうか?

スマイルだけを注文してお釣りとして現金500円を受け取ることができるのか…、もしも可能であれば100%の換金率で現金にすることができます。

実は以前、Uber Eatsでスマイルだけを注文してみたら「Thank you!^v^^v^」と書かれたマックの紙袋だけが届いた、という内容の記事を見たことがあったのでマックカードももしや…と思いマックカード事務局に問い合わせてみました。

その結果、残念ながら「スマイル0円に対してマックカードを使って、現金500円をお釣りとしてお渡しするということは行っておりません。」との回答でした。

ちなみにUber Eatsでのスマイルのみ注文への対応は「店舗によって異なります。」とのことだったので、店舗によってはユーモアのある対応をしてくれるのかもしれません。

まとめ

今回は金券ショップでマックカードがなかなか店頭に並ばない理由を解説しました。

金券ショップにおいて業者経由でのマックカードの仕入れが無くなったことが原因で取り扱いが激減し、現在では時折一般客の売却するマックカードが店頭に並ぶのみとなっているようです。

現在でもマックカードを定価以下で購入する方法はありますが、稀に金券ショップに並ぶマックカードをいち早く買うか、オークションサイトで値段を慎重に見極めるかという状態なので、安く買うのは非常に困難になっています。

ただし、定価のマックカードであればマクドナルドの店頭で簡単に購入できるので、ちょっとしたプレゼントやイベント・ゲームの景品にはバッチリです。

さらにマクドナルドでは自分だけのオリジナルマックカードの注文も受け付けているので、メモリアルな機会があればこういったサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

キャッシュレスサービスが普及してから、現金をほとんど持ち歩かない方が増えています。

交通機関の支払いやコンビニ、自動販売機にも利用できるPASMOやSuicaのようなICカードは多くの方が利用しているのではないでしょうか。

また、amazonギフト券やiTunesカードのようにオンラインゲーム、ネットショッピングをする際に利用できるプリペイドカードの一つに、WebMoneyがあります。

WebMoneyは、様々な加盟店で利用することが出来るのですが、「利用したいお店が見つからない」、「使い道がない」などの理由で残高が残ったまま、なんてことになってはいませんか?

それならいっそ、日用品の購入に、ゲーム、映画などの動画の視聴に、幅広く利用できるamazonギフト券に変えて使うのもいいですよね。

”あるたった一つの方法”を使えば、間接的にWebMoneyをamazonギフト券へ交換することが出来るんです。

そこでWebMoneyをamazonギフト券へ交換する方法を、ここから詳しく説明していきましょう。

1:amazonギフト券とWebMoneyの種類を知る

amazonギフト券には、カードタイプやメールタイプ、金額などいくつかの種類があるんです。

まずは、WebMoneyとamazonギフト券の種類、ギフト券が購入できる場所についてそれぞれ紹介していきましょう。

1-1:WebMoneyが利用できるお店

WebMoneyは、様々な加盟店で利用することができます。

店頭で買えるギフトタイプの購入できるWebMoney ギフトカードは、「2,000」、「5,000」、「バリアブルタイプ1,500〜50,000」のPOINTが購入できます。

また、その他マルチコピー機などで発行できるシートタイプは、「2,000」「3,000」「5,000」「10,000」「20,000」「30,000」のPOINTが購入可能です。

WebMoneyが使える場所は、主に下記のようなサイトの有料コンテンツを利用する際などに使えます。

amazonギフト券 webmoney

1−2:5種類のamazonギフト券

amazonギフト券には金額が決まっていると、指定の範囲内で金額を選べるタイプの2タイプあるんです。

金額は、「3000円」、「5000円」、「10000円」、「20000円」、「1500〜50000円」から金額を選べるバリアブルタイプの5種類あります。

amazonギフト券 webmoney

バリアブルタイプは、ギフトやちょっとしたお礼などに選ばれることが多く、利用したい用途に合わせて金額が選べるのが便利ですよね。

1−2:店頭でamazonギフト券を買う場合

「amazonギフト券はどこで買えるの?」

amazonギフト券は手軽に手に取れる、コンビニエンスストアや家電量販店、インターネットではAmazon.co.jpからも購入することができます。

意外と気づきにくい場所でもある、コンビニのレジ付近などにギフト券コーナーがあるのを目にしたことはありませんか?

購入したいギフト券を選び、他の商品と同じようにレジで購入することができます。

バリアブルタイプの場合も、ややこしい手順はなく、バリアブルタイプのカードをレジで渡す際に、店員さんへ購入したい金額を伝えれば、あとは支払いをするだけで購入できます。

1-3:インターネットでamazonギフト券を買う場合

amazonギフト券を買う方法として、Amazon.co.jpなどのインターネットからも購入が可能です。

インターネットで買えるのは、ギフトタイプ、チャージタイプ、Eメールタイプなどの種類があり、バリアブルタイプのように購入したい金額を設定することができます。

2:WebMoneyからAmazonギフト券への交換に必要なもの

WebMoneyをAmazonギフト券へ交換するたった一つの方法に、必要なものがいくつかあります。

登録や発行などの手順が必要となる、「WebMoneyカード」、「WebMoneyウォレットアプリ(旧:WebMoneyカードケース)」の2つについて説明しておきましょう。

2-1:WebMoneyカードって?

amazonギフト券 webmoney

WebMoneyカードとは、コンビニなどで購入するものとは違い、プリペイド式でクレジットカードとしても利用できます。

どういうことかと言うと、プリペイド式でチャージが可能、クレジットカードとしての機能も果たすため、クレジットカード払い対応である場合はこのWebMoneyカードを利用することが可能です。

また、WebMoneyカードは、入会金や年会費などはかからないので気軽に申し込み&発行することができます。

ただし、クレジットカードのように、WebMoneyカードが届くのが1週間ほどかかるので注意しましょう。

2-2:WebMoneyウォレットアプリ(旧:WebMoneyカードケース)って?

amazonギフト券 webmoney

WebMoneyウォレットアプリとは、WebMoneyプリペイド番号でWebMoneyカードへチャージする際に必要となるアプリのことを言います。

WebMoneyの残高をWebMoneyカードへチャージするには、このアプリを経由する必要があるため、ダウンロードしておくと良いでしょう。

3:WebMoneyをAmazonギフト券へ交換する方法

ではここからはWebMoneyをAmazonギフト券へ交換する流れを手順に沿って詳しく説明していきます。

下記のカードやアプリを使用するので、Amazonのアカウントを持っていない場合は先にアカウント作成しておくとスムーズですね。

3−1:WebMoneyでの残高を確認する

まずは、お持ちのWebMoneyに残高がどれだけ残っているのかを確認しましょう。

WebMoneyのホームページから残高を確認することができます。

3−2:WebMoneyカードを発行する

  1. WebMoneyカードの公式サイトから、【カードを申し込む】を開きます。
  2. メールアドレスを入力し、【認証コード送信】をタップしましょう。※「webmoney.ne.jp」から受信できるように設定する。
  3. 端末に受信された認証コードを入力したら、【必要事項の入力】へ進みます。
  4. 名前や生年月日、住所などの情報を入力し、「規約に同意する」へチェックを入れたら【入力内容の確認】をタップします。
  5. 入力した情報の内容に問題がなければ、下の方へスクロールし、【申し込む】をタップして申し込みは完了です。
  6. カードが届くまでに1週間程度かかります。

3-3:WebMoneyウォレットアプリをダウンロード

WebMoney からWebMoney カードへチャージする際に必要となるアプリが、WebMoneyウォレットアプリです。

アプリをダウンロードして、アプリをスタートする手順を説明します。

  1. App Storeから「WebMoneyウォレットアプリ」と検索し、Android版とiOS版いずれかを選んでダウンロードしましょう。
  2. アプリを起動し、【今すぐ使う】をタップします。
  3. 規約の同意が開いたら【同意】をタップして進んだら、【初めて利用する】をタップしましょう。
  4. SMSが利用できる電話番号を入力したら、【同意の上、送信する】をタップします。
  5. 送られてきた認証コードを入力し【次へ】をタップ、パスコードを入力したら【確認】で進みましょう。
  6. 入力した内容に問題がなければ【利用開始】で完了です。

3-4:WebMoneyカードをアプリへ登録する

チャージするために、WebMoneyカードの情報を先ほどダウンロードしたアプリへ登録する必要があります。

  1. 【カードを追加】でカメラが起動します。※カメラ起動の許可が必要な場合があるので許可しましょう。
  2. WebMoneyカードの裏面中央部分あたりにあるプリペイド番号をカメラの位置へ合わせて【カードを追加する】をタップします。
  3. 画面にカードの画像が表示されたら登録完了です。

3-5:WebMoneyからWebMoneyカードへチャージする

  1. アプリのホーム上部分にある「チャージ」を開きます。
  2. どこからチャージするかを選択するため、「プリペイド番号(残高引継)手数料4%」をタップしましょう。
  3. プリペイド番号の確認方法画面が開いたら【閉じる】で閉じます。
  4. カメラが起動したら、チャージに使うプリペイド番号の位置にカメラを合わせ、【はい】が表示されたらタップします。
  5. 最後に【OK】をタップしたら、画面に残高が表示されて完了です。

3-6:Amazonの支払い方法にWebMoneyカードを登録する

  1. Amazonをアプリかブラウザで開き、Amazonのトップページ上部分に表示される【ギフト券】を開きます。
  2. Eメールタイプ、印刷タイプ、チャージタイプなどから選ぶことができます。ここではチャージタイプを選んだ場合の手順で進んでいきましょう。
  3. チャージタイプの購入ページが開いたら、購入したい金額を選択し、【次へ】へ進み、アカウントへログインします。
  4. 支払い画面が開いたら、クレジットカード欄から【カードを追加】、WebMoneyカード情報を入力しましょう。
  5. 【クレジットカード追加】をタップしたら、【次へ進む】で注文を確定します。
  6. これで、WebMoneyからWebMoneyカードを利用してAmazonギフト券の購入が出来ました。

4:注意するべき3つのこと

WebMoneyからWebMoneyカードへチャージをする手順を紹介してきましたが、その際に気をつける点とデメリットがいくつかあります。

チャージができない場合や、手数料がかかるということ、それぞれ詳しく説明しましょう。

4-1:WebMoneyカードへのチャージが出来ない場合がある

ちょっとややこしいのですが、WebMoneyを使用済み(残高あり)でも、その残った残高をWebMoneyカードへチャージすることが可能です。

ただし、残高をWebMoneyウォレットへチャージした場合、WebMoneyウォレットからWebMoneyカードへのチャージができないので注意しましょう。

WebMoneyウォレットへチャージする前であれば、WebMoneyカードへのチャージが可能となります。

4-2:4%の手数料がかかる

WebMoneyからWebMoneyカードにチャージする際、チャージ金額から手数料が4%引かれてしまうことも知っておきましょう。

10000チャージした場合、手数料4%の400円が差し引かれた9600円が実際にチャージされるということになります。

ぴったり使うつもりだったのに、「数百円足りない」ことになり、追加でチャージする際も手数料が引かれてさらに損した気分に、なんてことは避けたいですよね。

4-3:アプリを経由する必要がある

公式ではWebMoneyカードにWebMoneyプリペイド番号でチャージする方法として「WebMoneyウォレットアプリ」というアプリを経由する方法があります。

アプリをスタートするためにも少し面倒な手順を踏む必要があるので時間があまりない時にはお勧めできません。

まとめ

様々な加盟店で利用できるWebMoneyの残高を使って、amazonギフト券へ交換する1つだけの方法を紹介してきました。

手順は面倒なことが多く、途中で諦めてしまいそうなほどではありますが、amazonギフト券の使い道は幅広く便利です。

「ちょっとしたお祝いやギフトとして」、「映画やアニメの動画視聴に」、「毎日必要な食品をまとめ買い」、「タブレットで電子書籍を楽しむ」など、使い道がなくて困っていたプリペイドカードで利用できるサービスが数多くあります。

WebMoneyからWebMoneyカードへチャージする方法を紹介してきましたが、このWebMoneyカードもクレジットカード機能がついているのでAmazonの決済ではもちろん、様々なお買い物の際にも使えるんです。

よくあるクレジットカードと違い、年会費や入会金が一切かからないので発行して損はないでしょう。

デヴィットカードに近いような、コンビニからもWebMoneyカードへチャージができるのでキャッシュレスな方にも便利なカードですね。

WebMoneyの加盟店では利用したいものがない場合、今回の方法を試してみるといいでしょう。

アイキャッチ!

Amazonが発行しているAmazon Masterカードはクラシックとゴールドの2種類が存在します。

クラシックが一般ランクのカードで、ゴールドはその名の通りゴールドランクのカードです。

今回はAmazon Masterカードのクラシックとゴールドの違いを以下の内容毎に徹底比較していきます。

これからAmazon Masterカードの申し込みを検討している方は、是非この記事を参考にどちらのランクのカードを利用するのかを考えてみてください。

年会費

年会費

年会費はこのようになっています。

クラシックに関しては1年に1回以上カードを利用すれば無料となっているので実質年会費無料と言っても差し支えないでしょう。

ゴールドの年会費で気になるのが利用状況による割引です。

まず1年目ですが、カードの申し込み時に「マイ・ペイすリボ」というリボ払いサービスに登録することで5400円の割引を受けることができ、年会費が5400円になります。

そして2年目以降の年会費を4320円にするための条件は2つです。

上記の2つの条件を満たすことにより、①で5400円、②で1080円の割引を受けて年会費が4320円まで下がるようになっているのです。

ポイント還元率

クレジットカードは利用する事でクレジットカード会社ごとのポイントが貯まるようになっています。

Amazon Masterカードにおいてもこれは同様で、Amazon Masterカードを利用してショッピングをすればAmazonストア内で利用できるAmazonポイントが貯まります。

Amazonポイントは1ポイント=1円として利用可能なポイントです。

カードのランクに応じてポイントの還元率が違うので、この章ではポイント還元率について比較してみましょう。

ポイント還元率

ポイント還元率は上図のようなっています。

Amazonでの買い物とそれ以外での還元率が異なっていて、Amazonでの買い物であれば通常のショッピングよりも0.5~1.5%高い還元率でポイントが得られるのです。

Amazonでゴールドカードを使用した際の還元率は2.5%で、他のクレジットカードのポイント還元率と比べても比較的高い方と言えるでしょう。

また、年に一度Amazonのプライム会員向けに行われる大感謝祭「プライムデー」ではさらに2%のポイントが上乗せされます。

プライムデー期間中には様々なポイント還元率アップサービスを併用することで、何と最大10.5%まで還元率を引き上げることができるのです!

カード発行対象者

対象者

Amazon Master cardの発行対象者は以上のようになっています。

ゴールドカードは成人していることに加えて安定した収入があることが条件となっていることから、社会人向けであると言えるでしょう。

比較的審査の厳しいAmazon Master cardですが、学生や専業主婦の方が必ずしも審査に落ちるというわけではありません。

例えば専業主婦の方であれば、配偶者の方が安定して高い収入を得ていれば問題なく審査を通過する可能性が高いです。

学生やフリータで収入が低い方でも、実家暮らしのため通常よりも生活費の負担割合が低い場合は比較的有利と言えます。

Amazonプライム

年会費

Amazonのプライム会員サービスはAmazonを通常よりもさらに便利に利用するためのサービスです。

「無料配送」「当日配送(最短2時間)」「プライムビデオ見放題」「プライムミュージック聴き放題」「プライム会員限定先行タイムセール」「プライム会員限定価格」等、10を超える様々なサービスを受けることができます。

一定以上Amazonを利用される方であれば確実に利用した方が良いサービスでしょう。

通常だと年会費税込み4900円(or月会費500円)がかかるプライムサービスですが、Amazon Master cardゴールドを使用していれば追加料金なしでプライムサービスを利用することができます。

1章で紹介した方法でゴールドカードにかかる年会費を安くしていれば、ゴールドカードの年会費を払うだけで年会費4900円分のプライムサービスを好きなだけ利用できることになります。これはお得感がたっぷりですね。

Amazon Master cardクラシックの利用者がプライムサービスを利用する場合は正規のプライム会員費を払う必要があります。正直、追加料金無しで利用できるゴールドに比べると見劣りする印象があるかもしれません。

しかし、クラシックの方はプライム会員になることでAmazon Master cardを利用したAmazon内でのショッピング時、通常1.5%のポイント還元率が2%になります。

クラシックの方でもプライム会員は検討してもらいたいサービスなのです。

その他のサービス

その他

この章ではこれまで紹介してきた以外の主なサービスの違いについてです。

ゴールドカードの特典としての定番の「空港ラウンジサービス」や、「旅行損害保険」についてはクラシックでは利用する事の出来ないサービスです。

「お買い物安心保険」については図の通り、ゴールドであれば適用される金額がクラシックの3倍となっています。

ちなみにここで紹介している以外のサービスとして「電子マネー(iD)」や「即時審査」、「ETC機能(初年度年会費無料。2年目以降税込540円)」等はゴールドもクラシックでも同様の条件です。

Amazonカードの選び方

ここまででAmazon Mastercardのランクによる違いはお分かりいただけたことでしょう。

そして内容を理解した上で、「結局ゴールドかクラシックどっちを使えばいいの?」と考える方も多いはずです。

そこで、最後にAmazon Mastercardの選び方を3つの利用状況分けて紹介します。

今回は基本的にそれぞれのカードで受けられる年会費等の割引を最大限に活用した状態を前提としての解説です。

この章を参考にして自身に最適な利用方法を考えてみてください。

Amazon Mastercardクラシック

プライム会員にはならずにクラシックカードを利用するパターンです。

この利用方法はAmazonのライトユーザーにおススメの利用方法です。

初年度の年会費は無料ですし、2年目以降も年に1回以上忘れないようにカードを使えば実質無料でカードを持ち続けることができます。

既にメインのクレジットカードを持っていて、何かあった時のためにもう1枚クレジットカードを作りたいという場面にも向いています。

Amazon Mastercardクラシック+プライム会員

こちらは最もオススメしない利用方法です。

まず年間でかかる費用を考えた場合、初年度は4900円(カード初年度年会費無料+プライム会員年会費4900円)です。

2年目以降は6250円(カード年会費1350円+プライム会員年会費4900円)ですが、年一回以上のカード利用でカード年会費をなくして初年度同様4900円まで下げることができます。

つまり初年度も2年目以降も割引さえ適用できればプライム会員年会費の4900円だけの支払いで済むことになります。

しかし、プライム会員サービスを利用するのであれば実はゴールドカードを使った方が年会費は安く済むのです。

ゴールドカードではプライム会員サービスが無料で利用し放題なので、考える費用はカード年会費のみで計算ができます。

ゴールドカード初年度年会費は割引を適用して5400円、2年目以降は割引適用で4320円です。

初年度はゴールドカードの方が500円高い年会費ですが、2年目以降はゴールドカードを利用している方が1年あたり580円安くなるようになっています。

そのため数年単位で支払う費用の総額を考えた場合、2年目以降はゴールドカード利用者の方が年会費の支払い総額で得を出来るのです。

年会費グラフ

また、年会費の利点に加えてポイント還元率や保険内容の充実もゴールドカードの方が優れています。

クラシックカードを利用しながらプライム会員になるのであれば、いっそのことゴールドカードの利用を強くおススメします。

強いて注意点を挙げるとすれば、ゴールドカードで年会費の割引を受けるためには「マイ・ペイすリボ」と「カード利用代金WEB明細書サービス」の利用が必須です。

リボ払いや、カードの利用明細をWEB上のみで閲覧することに抵抗がある方は割引を受けることができない事になります。そのため、この場合はクラシックカード+プライム会員というスタイルになるでしょう。

Amazon Mastercardゴールド

プライム会員サービスを利用するのであればゴールドカードの利用でまず間違いないでしょう。

カードの年会費割引を利用すれば、2年目以降は通常のプライム会員費よりも安い金額を払うことでプライムサービスを利用し続けることができます。

判断に迷うのが「プライムサービスはあまり利用しないが、Amazonでの買い物はよくする」という場合です。

こういった場合、まずは数値化しやすいポイント還元率を基準に考えてみます。

ポイント比較

ゴールドとクラシックではポイント還元率にちょうど1%の差があるわけですから、年間40~50万円以上Amazonで買い物をするという方であればポイント還元だけで年会費の差額が回収できます。

年に40~50万円も買物はしないという方については、はっきり言って明確な判断基準が無くなります

ポイント還元以外のゴールドカードのサービス(空港の無料ラウンジサービスや、最高5000万円の旅行保険等)を利用する可能性や頻度を考えて、ゴールドカードが自分に適しているのか考えてみましょう。

例えば「Amazonでの買い物は年間30万円程度だけど、旅行好きで海外にもよく足を伸ばす」という方であれば、空港のラウンジサービス利用ができますし旅行保険がついているという安心感があります。このような方はゴールドカードを利用した方が良いでしょう。

また、ゴールドランクになりプライムサービスが利用できるようになればお急ぎ便や日時指定配送が無料利用できるようになります。たとえAmazonをショッピングでしか利用しないとしてもプライムサービスの恩恵は非常に大きいのです。

まとめ

今回はAmazon Master cardのクラシックとゴールドのサービス内容を項目ごとに比較した上で、利用状況に応じてどのランクのカードを利用すれば良いのかを解説してきました。

Amazonを頻繁には利用しないという方はクラシックカードの利用をおススメします。

プライム会員サービスを利用したいという方は迷わずゴールドカードの申し込みで間違いないでしょう。

「Amazonはよく使うけどプライム会員には興味ない」という方はポイント還元率やその他のサービスの利用状況、プライム会員になることで得られるショッピングのメリット等を総合的に考えて判断する必要があります。

今回の記事を参考に、自分に最適のAmazon Masterカードを申し込んでみてはいかがでしょうか。

cashing-rate-eye-catch

皆さんの家には使い道が無くて眠っている金券がないでしょうか?

金券はそのまま使うのももちろんですが、金券ショップで換金するという活用方法もあります。

換金をすることで、使用場所や目的にとらわれず自由に使える現金として活用の幅が大きく広がるのです。

しかし、金券はその種類によって現金化するときの「換金率」が違います。

そこで今回は金券の換金率について解説をしていきましょう。

金券の換金率は平均70%!全7種類を比較

金券イメージ

金券の換金率はその金券の種類によって様々です。
換金率の低いものだと7割程度の値段でしか買い取ってもらえない場合もあります。
7割程度となると換金するよりも金券として使った方がはるかに経済的です。

自分が持っている金券の換金率相場を見極めた上で使い方を考えるようにするのが賢い選択と言えるでしょう。

今回は7つの金券の換金率をご紹介します。
ご自身がお持ちの金券が、どのくらいの換金率になるのか確認してみましょう。

以下では比較的換金率の金券を紹介しています。90%台後半の換金率を狙える金券を厳選しました。

ここで紹介する金券は換金に最適と言えるでしょう。

換金率に差が出るたった1つの理由

ポイント!

「金券」と一口に言っても種類によって換金率には大きく差が生まれます。

ではなぜ金券の種類によってそんなに差が生じてしまうのか。その答えは「利用者・利用用途の多さ」です。

換金率の差は利用者の利便性利用用途の多さから生じる人気によって上下するのです。

換金率を上げる4つの方法

1章では換金率の高い金券を紹介してきました。
「もっと換金率を上げたい!」という方に向けて、この章では換金率を上げるためのコツを紹介していきます。

上記4つの方法を知っていれば、同種同額の金券でも普通に取引するよりも高い換金率で買い取ってもらえる可能性があるのです。これから金券の換金を考えている方には必見の方法になります。

詳しく解説していきましょう。

他店と比較する

比較

いくつかの金券ショップに電話で問い合わせて買取金額を確認して、その中で一番高い金額を提示した金券ショップを利用するという方法です。
金券ショップによって提示してくる金額は様々なので、比較してみると良いでしょう。

また、金券ショップによっては「他店では○○円なのですけど、それより高く買い取ってもらえますか?」という感じで直接交渉して金額をあげてもらうこともできます。こういう交渉が苦手な方もいるかもしれませんが、けっこう活用できるやり方なので、ぜひ試してみてください。

複数枚ある場合は合計金額で取引

金券の換金率は額面に比例して高くなります。100円の金券よりは1万円の金券の方が換金率は高くなりやすいです。

そのため、金券を複数枚持っている場合は全体の合計金額を伝えて買取金額を出してもらいましょう。

例えば1万円の金券を5枚換金する場合は、1万円分ずつ小出しにしたりせず一気に5万円分の換金を行った方が換金率は上がりやすいです。単純な話ですが初めて換金する時にはうっかり忘れがちになるので、気に留めておきましょう。

換金率が上がりやすい時期

金券の換金率は常に変動しています。その理由の一つが「金券の需要」です。

例えばGWや盆正月のような、長距離移動をする人が多くなる時期の前には新幹線の回数券の需要は高まります。

クリスマスやホワイトデーのようにみんなが一斉にプレゼントを買う時期になると、商品券等の需要が上がります。

金券ショップ側からすると、需要が高くなる時期は普段より換金率を上げてでも金券が欲しい状態です。

自分の持っている金券がどの時期に需要が高まるのかを考え、ベストなタイミングで換金をするのが賢いやり方と言えます。

金券の種類によってはこういった影響を受けにくいものもあるので、これはすべての金券にあてはまる話ではありません。

金券の保存状態

儲かるイメージ

金券ショップで金券を買い取ってもらう場合、金券はショップで商品として店頭に並ぶことになります。
そうなった場合、見た目に難があるとやはり商品として手に取られづらくなります。

そのため、汚れや傷がついている金券はそれを理由に換金率を下げられてしまう場合があるのです。

なんとなく粗末に扱いがちですが、金券の保管は丁寧に行った方がよいでしょう。
保存状態については換金率を上げるコツというよりは、換金率を下げられないためのコツという方が正しいかもしれません。

換金時2つの注意点

実際に金券ショップに行って換金をする際の注意点を2つ紹介します。

特に難しい話はありませんが、これを知らないと場合によってはその日に換金ができなくなってしまう場合があります。

また、相場よりも安い金額での換金になってしまう可能性もあるのでチェックしておいてください。

身分証

身分証確認

換金の際に身分証の提示が必要になる場合があります。

年齢・金額・初回利用等、理由は様々ですが提示が必要となる基準は店舗ごとに違います。

身分証を持参していないと換金してくれないケースがほとんどなので、基本的には身分証を持参して行きましょう。

また持参する身分証ですが、顔写真付きのものであればまず間違いないので運転免許証・パスポート・住基カード等がベストです。

事前の電話確認

Q&A

金券ショップに行く際は事前に電話で買取金額などを確認しておきましょう。
事前連絡せずに行ったものの思ったよりも換金率が低くて、結局換金せずに帰宅するというような事を防ぐためです。

また、換金の際は電話で確認した金額と相違がないか必ず確認するようにしましょう。電話ではそれなりに高い換金率だったのに実際に店頭に行くと換金率を下げられているというケースも珍しくありません。店員さんのさじ加減一つで換金率が決まってしまう店舗もあるので慎重にいきましょう。

換金するメリットとデメリット

メリットとデメリット

金券を換金するメリットはやはり使用用途が増えるという点です。

いくら全国百貨店共通券商品券が様々な百貨店で使える商品券でも、現金に比べれば使用できる場所には限りがあります。

逆に換金する事のデメリットは、換金をすることで額面が下がるという点です。

1万円の金券を換金して現金1万円が手に入ることは基本的にありません。
当然ですが金券ショップは営利目的で運営されています。

利益を出すためには換金率100%で取引をしてくれるはずが無いのです。

これらをふまえると、日常生活で使う場面のある金券に関しては換金せずに金券として使用する事をオススメします。
また日常的でなくても、記念日や誕生日のプレゼントに使えそうな金券であればそのタイミングに備えて保管しておくのも一つの方法です。

なかなか使う場面に困る金券を持っている場合はさっさと換金してしまいましょう。
期限付きの金券は期限が近くなるほど価値が下がります。
自分の手元に金券を保管している過程で金券に汚れや傷がついて価値が下がってしまう可能性も否めません。

金券が手元にあってどう使用するか悩んだ場合はこのような考え方で自分はどうやって金券を活用していくのかを是非考えてみて下さい。

まとめ

今回は使用用途が多く、換金率が比較的高いタイプの金券を紹介してきました。

その中でも全国百貨店共通商品券は金券として使っても、換金に使っても非常に便利なオススメ金券です。

もしも換金する際は、2章で紹介している換金率を上げる方法を参考にして少しでも高い買取率で取引できるよう挑戦してみましょう。

また、換金ショップに訪れる際は身分証の持参と事前の電話確認をしてからというポイントを忘れないようにして下さい。

金券の種類によってそのまま使った方が良いのか、換金した方が良いのかは人それぞれ変わってきます。
自分では使わなくて換金率も低い金券の使い道に困った時は、その金券に需要がある人にプレセントしてみるのも選択肢の1つです。自分にはどの使用方法が良いのか、手元に金券があるという方は是非一度考えてみて下さい。

お知らせ

お知らせ一覧を見る

新着記事

2020.03.3

amazonギフト券の使い道は3択!現金...

amazonギフト券の使い道って何があるの? amazonギフト券はその名のとおりamazon公式サイトで利用することができます。 例え...

続きを読む

2020.03.2

amazonギフト券の買取手順3ステップ...

買取サイトを利用してamazonギフト券の買取を検討している人の中でも、 どのようにして取引されるのだろう。 どう手...

続きを読む

iTunesカード 買取 新宿

2020.02.27

iTunesカード買取可能な店舗は新宿に...

都内でiTunesカードを買い取ってくれる店舗はあるのかな。 上記のように思っているそこのあなた。調査の結果、大都心新宿に1店...

続きを読む

iTunesカード 換金 アプリ

2020.02.26

iTunesカードに換金できるアプリ4選...

「今すぐお金が欲しい」 突然の出費等が招く金欠という現実に苦しむ人は多い事でしょう。 そんな人にとって強い味方となるであろうお小...

続きを読む

ブログ記事一覧を見る

iTunesカード買取iTunesカード買取

AppleギフトカードAppleギフトカード

お申し込みはこちら