使える!金額指定できる3タイプのamazonギフト券

追加でamazonギフト券を買いたいけど決められた額のギフト券を買うと、あまりがでて使いにくいし…

毎回余るamazonギフト券の残高が、どうしても少額で使いにくいと感じたことありませんか?そしてまた、追加購入をするとまた余ります。この繰り返しは避けたいものですよね。

そんな時に便利なのが金額指定ができるamazonギフト券になります。最低金額15円から50万円までの間の金額を、1円単位で金額指定ができます。つまり、残高と商品の差額分をこのギフト券タイプを使うことで綺麗に使い切ることができるのです。

今回は、金額の指定できるamazonギフト券の3タイプを詳しく説明します。それぞれ用途が異なりますので、しっかり見て自分にあったものを選びましょう。また、amazonギフト券を一部利用して支払いをする際は金額指定できるのかも説明しますよ♪

金額指定ができる3タイプ

金額を指定できる3タイプとは

  • Eメールタイプ
  • チャージタイプ
  • バリアブルカード

になります。3タイプ金額指定ができるamazonギフト券としては共通していますが、それ以外は異なっています。それぞれが特徴をもっています。従って用途も異なるのです。販売場所も変わってくるのでしっかり比べてみましょう。

Eメールタイプ

amazonギフト券金額指定オンラインストアでのみ購入が可能なタイプのamazonギフト券です。3タイプの中で唯一プレゼント用としても活躍できます。購入時に相手のEメールアドレスを入力することで送ることが可能です。自分のアドレスを入力すると自分用にも利用がすることができます。

  • 販売場所:オンラインストア
  • 支払い方法:クレジットカード
  • 額面金額:15円~50万
  • 有効期限:1年間

チャージタイプ

amazonギフト券金額指定オンラインストアでのみ購入が可能なamazonギフト券です。最大の特徴は自動でアカウントにチャージをしてくれる点です。アカウントにギフト券番号を入力することができます。オンラインストアでの販売になりますが、クレジットカード以外の支払い方法も選択が可能です。クレジットカード以外で支払うと、反映されるまでに時間がかかることを知っておきましょう。3タイプの中で1番おすすめしたいタイプになります。

  • 販売場所:オンラインストアのみ
  • 支払い方法:クレジットカード、コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネーから選択
  • 額面金額:15円~50万円
  • 有効期限:1年

 

バリアブルタイプ

amazonギフト券金額指定

金額指定ができるamazonギフト券の中で唯一、コンビニで購入ができるタイプです。コンビニや店頭で販売されているカードタイプのギフト券は金額が決められているイメージです。ですが、このバリアブルカードは自由に金額指定することができるのです。コンビニにはどこにでも置いてあるamazonギフト券ですが、バリアブルカードに関してはセブンイレブンとファミリーマートの2店舗に限られています。レジにて金額を伝え、支払いをすると購入完了です。

  • 販売場所:コンビニ(セブンイレブ・ファミリマート)
  • 支払い方法:現金のみ
  • 額面金額:1,500円~50,000円
  • 有効期限:1年間

3タイプ表で比較

表で比べてみるとわかりやすいですね。ちなみに有効期限はアカウント登録(チャージ)をしてから1年間ではありません。購入手続きが完了した時が、有効期限のスタートです。ここだけは全種類のamzonギフト券に共通するところになります。

Eメールタイプ チャージタイプ バリアブルカード
販売場所 オンラインストア オンラインストア コンビニ
金額 15円~50万円 15円~50万円 1,500円~50,000円
支払い方法 クレジットカード クレジットカードコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー 現金
有効期限 1年 1年 1年
特徴 プレゼントできる 自動でチャージ セブンイレブン・ファミリマート限定

支払い時の金額指定はできない

全額ではなく端数分だけ金額指定をして、amazonギフト券適用させて支払いをすることはできません。一部だけamazonギフト券を使用することはできないのです。amazonギフト券の残高が足りなくて、コンビニ払いやクレジットカードと併用をすることはできます。

自動で適用

amazonではamazonギフト券の残高がある場合、amazonポイントがある場合は自動的にそこから引かれます。自動で引かれるために、金額指定ができない仕組みになっているのです。ちなみにamazonギフト券とaamzonポイントの併用はできません。

支払い方法変更手順

amazonギフト券が金額指定をして支払えないのなら、別の支払い方法に変更することができます。残高があるのに支払い方法の変更を行わなかった場合、自動的にamazonギフト券から引かれることになります。そこで支払い方法の変更手順を紹介します。

①最初は必ずamazonギフト券が設定されています。

  •  支払い方法の右にある”変更”をクリック

amazonギフト券金額指定②支払い方法を選択画面

  •   自分が指定する支払い方法にチェックを付ける

★コンビニ・ATM・ネットバンク・電子マネーを選択したい場合は配送方法を”通常配送”にする必要があります。

amazonギフト券金額指定

③変更が反映されているか確認amazonギフト券金額指定たったこれだけで支払い方法は変更ができます。amazonギフト券を使いたくないときは必ず注意して変更を行いましょう

まとめ

amazonギフト券には自分で金額指定できるタイプがありました。この3タイプをうまく使いこなせば、残高を無駄に余らせることはありません。支払いの時に金額指定ができるamazonギフト券のタイプはないことも覚えておきましょう。ぜひ、3タイプの中から自分に合っているものを選んで使用してみてください!

本日の平均買取率
81.2%
本日の平均お振込時間
50

お申し込みはこちら