amazonプライムに勝手に入会している!?1分でわかる退会・返金手順を解説

amazonプライム勝手に入会

amazonプライムに勝手に入会している…!?

amazonプライムに登録した覚えがないのに勝手に入会したことになっている、という声を多く聞きます。もしそのような事態になっている人がいたら、まずはamazonプライムの無料体験をしたことがなかったか思い出してみてください。amazonプライムに勝手に入会していた場合の原因は、十中八九このamazonプライムの無料体験です。amazonプライムの無料体験は、登録後に設定を変更しない限り、期間終了後に自動的に本登録されるようになっています。それを知らずに無料体験に登録したために、無料期間終了後に勝手にamazonプライムに入会しているように感じるのです。

そうした事態を防ぐためにも、amazonプライムの無料体験に登録するときには、自動更新の設定を解除しておくことをおすすめします。もしすでに無料期間が終了し、本登録されてしまっているという場合でも安心してください。amazonプライム会員の特典を利用していなければ、返金を受けることができます

今回はamazonプライムに勝手に入会していた場合の返金申請方法や退会方法、また無料体験中の自動更新解除方法についてお伝えします。amazonプライムに勝手に入会していた方や、無料体験中の方、これから無料体験するという方はぜひ参考にしてください。

amazonプライムに勝手に入会するのはなぜ?

amazonプライムに勝手に入会していた!というトラブルを抱えている人はたくさんいるようです。なぜそんなにも多くの人が同じような目にあっているのか。その答えは、amazonプライムの無料体験にあります。

amazonプライム無料体験が原因

amazonプライムには30日間の無料体験があります。無料体験中も本登録時と同じ特典を受けられるので、amazonプライムに登録するか悩んでいる人が検討の材料にするのはもちろん、無料体験だけという前提で登録する人も多いです。

無料体験をするうえで注意しなければならないのは、初期設定のままだと、無料期間の終了後に自動的に本登録されるようになっているという点です。この仕組みについては、amazonプライム無料体験の説明にもきちんと記載されています。

amazonプライム勝手に入会

amazonプライムに勝手に入会していたという人は、無料体験登録の段階でこの仕組みに関する記載を見逃して登録し、無料期間が終了して本登録されたのでしょう。

こうしたことを防ぐためにも、現在無料体験中という人やこれから無料体験をするという人には、自動更新設定を無料体験登録後できるだけ早く解除しておくことをおすすめします。その方法は、3章でお伝えします。

勝手に入会していても返金が受けられる

無料期間が終了していつの間にか本登録されていた場合でも、本登録後にプライム特典を利用していなければ年会費3900円は全額返金を受けることができます

返金は、退会手続きと同時に申請することができます。amazonは悪徳業者ではないので、あの手この手で退会を妨害してくるようなことはありません。退会手続きも返金申請もスムーズに行うことができます。

それでは、退会と返金申請の手順をお伝えしていきます。

amazonプライムの退会・返金申請手順

退会手続きと返金申請は、プライム会員情報ページから進めることができます。

手順①amazonにサインイン後、トップページ上部の「アカウント&リスト」をクリック

amazonプライム勝手に入会

手順②アカウントサービスの「プライム」をクリック

amazonプライム勝手に入会

手順③プライム会員情報の下部「会員資格を終了する」をクリック

amazonプライム勝手に入会

手順④会員情報変更ページで、「特典と会員資格を終了」をクリック

amazonプライム勝手に入会

手順⑤もう一度「会員資格を終了する」をクリック

amazonプライム勝手に入会

手順⑥「(会員期間終了日)に終了する」をクリック

amazonプライム勝手に入会

本登録後にプライム特典を使っていない場合には、このページに返金を受けられる旨が記載されています。
返金は、年会費を引き落としたクレジットカードにされます。現金で受け取ることはできません。

本登録後にプライム特典を使っている場合は、返金を受けられるかどうかはamazonプライム細則に記載がありません。カスタマーサービス(0120-999-373)へ連絡し、返金を受けられるか問い合わせてみましょう。

無料体験中に自動更新を解除しよう

amazonプライムの無料体験は、初期設定のままだと期間終了後に自動的に本登録されると1章で述べました。無料期間の終了に気づかず本登録されてしまうということを防ぐためにも、本登録する気がない場合には無料期間中にできるだけ早く、自動更新の設定を解除しておきましょう
それでは、自動更新の解除方法をお伝えします。

自動更新の解除方法

自動更新の解除は、2章でお伝えしたプライム会員情報からすることができます。「自動移行しない」をクリックし、自動更新の設定を解除しましょう。

amazonプライム勝手に入会

自動更新の設定を解除しておけば、無料期間の終了を忘れていても本登録はされないので安心です。

通知メールの設定

無料期間の終了前に特典を思う存分使っておきたいという方には、無料期間終了の3日前になると届く通知メールの設定をしておくのをおすすめします。通知メールも、自動更新解除と同じくプライム会員情報から設定することができます。

上記の「自動移行しない」をクリックすると、「更新前にお知らせを受ける」という選択肢も出てくるので、それをクリックしましょう。それで通知メールの設定は完了です。無料期間の終了が迫っていることを忘れていても、3日前にメールが届くので安心です。

amazonプライムはおトクがいっぱい

ここまでamazonプライムの退会についてお伝えしてきましたが、amazonプライムは年会費3900円を払っても損はない魅力的なサービスです。いつの間にか本登録されていたという方も、サービスを全く利用しないというのでなければそのまま登録しておくのもいいのではないでしょうか。
本登録後にプライム特典を使ってしまっていて返金を受けられなかった方は特に、年会費が無駄にならないようどんどん特典を利用しましょう。
最後の章では、amazonプライムの魅力をお伝えします。

魅力的な特典がたくさん

魅力的な特典がたくさんあるamazonプライムですが、今回は主な特典である

 お急ぎ便・お届け日時指定便が無料
 プライム・ビデオ
 Prime Music

をご紹介します。

 お急ぎ便・お届け日時指定便が無料

amazonでは、注文の合計金額が2000円未満の場合、通常配送でも350円の配送料がかかります。また、注文金額にかかわらずお急ぎ便とお届け日時指定便は360円、当日指定ならば514円がかかります。これらの配送料が、amazonプライム会員ならばいつでも無料です。amazonでよく買い物をする人にとっては、配送料を気にしなくていいのはうれしいですよね。

 プライム・ビデオ

プライム・ビデオは、映画やTV番組が見放題のサービスです。国内外の映画やドラマに加え、日本で人気のバラエティ番組や現在放送中のアニメまで、幅広いジャンルの動画を楽しむことができます。自分が楽しめるのはもちろん、家族みんなが楽しめるようなラインナップが揃っているのが魅力です。

 Prime Music

Prime Musicでは、100万曲以上の楽曲が追加料金一切なしの無料で聴き放題です。また、アルバムやおすすめのプレイリストなども楽しむことができます。手持ちのスマホやタブレットで再生することができるので、Prime Musicがあれば音楽プレーヤー要らずです。

他にも、amazonプライムには嬉しい特典がたくさんあります。年会費の元を取るのは難しくありませんので、ひとつでも興味のある特典があったのなら登録するのがおすすめです。

月間プランもあり

そうは言っても、年会費3900円って結構高く感じますよね。気になる特典があっても、途中で使わなくなるのでは…と不安な方もいると思います。
そんな方には、amazonプライムの月間プランがぴったりです。月間プランの会費は400円です。年に換算すると4800円なので年間プランよりも割高ですが、まずは短期間から始めてみたいという方は、月間プランで登録するのがおすすめです。

まとめ

amazonプライムに勝手に入会していたときの対処法についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

amazonプライムの無料体験は、期間が終了すると自動的に本登録されるので要注意です。本登録したくない人は、無料体験に登録したらすぐに自動更新の設定を解除しておきましょう。
いつの間にか本登録されていても、プライム特典を利用していない場合には年会費は返金を受けることができるので安心してください。

しかしamazonプライムは年会費も良心的で、魅力がいっぱいのサービスです。退会する前に、プライム会員資格を継続することも考えてみてはどうでしょう?

本日の平均買取率
81.2%
本日の平均お振込時間
70

お申し込みはこちら