amazonプライム年会費が勝手に引き落とされた時の返金&対処法

amazonプライム年会費勝手に

※弊社はAmazon.co.jpではありません。電話で解約方法などの案内はしていませんのでお電話での問い合わせはご遠慮ください。

amazonプライムに登録した覚えがないのに、年会費が勝手に引き落とされてる…?

そんな時は、本当にamazonプライムに登録していないのか思い出してみてください。amazonプライムの無料体験に登録していたことがありませんか? amazonプライムは無料期間後に自動的に有料会員へ移行する仕組みになっているので、気づかないうちに本登録されているということが多いのです。

そんなケースを防ぐためにも、amazonプライムの無料体験を利用する際には自動更新されないようにしておきましょう。もしすでに無料期間が終了しており本登録されていても、amazonプライムを退会すれば年会費の返金を受けることができます。

今回は、amazonプライムの年会費が勝手に引き落とされた場合の返金申請方法や、自動更新の解除方法をお伝えします。年会費が勝手に引き落とされて困っていた方や、amazonプライムを無料体験中orこれから無料体験をするつもりの方は、ぜひ参考にしてください。

amazonプライムに勝手に登録されている?!

amazonプライム年会費勝手に

登録した覚えがないのにamazonプライムの年会費が引き落とされてる?! amazonプライムに勝手に登録されたの?

amazonプライムにいつの間にか登録されていた、という方はよくいます。しかしそれは、amazon側が勝手に登録したというわけではありません。おそらく自分でamazonプライムに登録していたことに気づいていないのです。

過去に無料体験をしていませんか?

amazonプライムにいつの間にか登録していた方は、以前にamazonプライムの無料体験を利用していたことがありませんか?

amazonプライムには、プライム会員向けのサービスをお試しで利用できる無料体験期間があります。無料体験期間は、通常のamazonプライムで30日間、学生向けのプライムstudentならば6か月間です。amazonプライムはこの無料期間後、設定を変更しない限り、有料会員へ自動で移行する仕組みになっています。このことは、amazonプライム無料体験の説明ページにも記載があります。

amazonプライム年会費勝手に

いつの間にかamazonプライム会員になっていたという方は、おそらくこれらの記載を見逃して無料体験を利用し、無料期間が切れて有料会員に移行したのでしょう。

無料期間の終了後に本登録をするつもりがない場合は、期間中にamazonプライム自動更新の設定を変更しておくことをおすすめします。

次の章で、無料体験後の自動更新を防ぐ方法をお伝えします。

無料体験後の自動更新対策

前章でお伝えしたように、amazonプライムの無料体験は期間後、自動的に有料会員へ移行します。有料会員になるつもりはない方、無料期間終了後に本登録をするかどうかじっくり考えたい方などは、自動更新してしまわないように注意しなければなりません。

では、自動更新を防ぐためにするべきことをお伝えします。

無料期間終了日を把握しておく

無料体験をしている方は、いつ無料期間が終わるのか把握しておく必要があります。無料期間の終了日を把握していれば、期間の終了が近づいたときにamazonプライムの登録を自動更新するか解除するか検討することができます。

無料期間終了日の確認手順

手順①amazonトップページの上部、「アカウントサービス」をクリック。

amazonプライム年会費勝手に

手順②アカウントサービスのページで「プライム」をクリック。

amazonプライム年会費勝手に

手順③ページ左部にプライム会員情報が表示。

amazonプライム年会費勝手に

無料体験中の場合、このプライム会員情報に無料体験期間の終了日が記載されています。

通知メールの設定手順

ただ、こうして無料期間の終了日を確認しても、ずっと覚えておくのは難しいですよね。無料期間が6か月と長いプライムstudentならなおさらです。そこで、無料期間終了の3日前に届く通知メールを受け取れるよう設定しておきましょう。

通知メールの設定は、上記のプライム会員情報から行うことができます。プライム会員情報の「更新前にお知らせを受ける」をクリックしてください。

amazonプライム年会費勝手に

これだけで、期間終了の3日前に通知メールを受け取ることができます。

自動更新設定を解除しておく

無料期間終了後は有料会員に移行しないと決めている方は、無料体験登録後すぐにでも自動更新の設定を解除しておくことをおすすめします。自動更新の設定を早くから解除しておけば、いつの間にか有料会員になっていたという事態を防げるので安心です。

自動更新の設定解除も、プライム会員情報から行うことができます。プライム会員情報で「自動移行しない」をクリックしてください。

amazonプライム年会費勝手に

自動更新の設定を解除しておけば、無料期間終了後は自動的に一般会員に戻ります。無料期間の終了を忘れていても年会費がかからず安心なので、心配な方は早めに自動更新の解除をおすすめします。

また、万が一自動更新の解除を忘れていて有料会員に移行してしまっても、amazonプライムを解約すれば返金を受けることができます。

次の章では、amazonプライム年会費の退会・返金申請方法をお伝えします。

年会費は返金を受けられる!

無料期間の終了を忘れていた! 自動で有料会員に移行することを知らなかった!

そういった理由でamazonプライムの有料会員となり、年会費を引き落とされてしまったという方も少なくないでしょうが、安心してください。amazonプライムの年会費は、プライム会員の特典を利用していなければ全額返金を受けることができます。

では、amazonプライムを退会し、返金を受ける手順をお教えします。

退会・返金申請の手順

手順①プライム会員情報下部の「会員資格を終了する」をクリック。

amazonプライム年会費勝手に

手順②会員情報変更ページで、「会員資格を終了する」をクリック。

amazonプライム年会費勝手に

手順③再度「会員資格を終了する」をクリック。

amazonプライム年会費勝手に

手順④終了ボタンをクリック。

amazonプライム年会費勝手に

有料会員に移行してからまだプライム特典を利用していない場合は、ここで返金を受けられる旨が記載されます。返金先は年会費を引き落としたクレジットカードで、現金では受け取れません。

有料会員に移行してからプライム特典を利用していた場合は、残念ながら返金を受けることはできません。年間プランの終了日までは特典を利用できるので、元が取れるようにどんどんプライム特典を利用してください。

amazonプライムは魅力がたくさん!

無料体験から有料会員に移行していた場合は焦って退会したくなるものだと思いますが、ちょっと待ってください! amazonプライム、そのまま利用してみませんか? amazonプライムには魅力がたくさんあるんです。

配送料が常に無料!

amazonプライム年会費勝手に

amazonプライム会員は、注文金額や配送オプションにかかわらず配送料が無料です。これはamazonを利用する上でとてもうれしいですよね。

amazonは注文金額が2000円未満だと、通常配送でも350円の配送料がかかります。お急ぎ便やお届け日時指定便は注文金額にかかわらず360円、当日配送の場合は514円です。これらの配送料が常に無料となると、年会費3900円は意外と簡単に元が取れてしまいます。かさばる日用品などを月に1回注文すれば、それだけでプライム会員のほうがおトクになります。

映画や音楽などのコンテンツ充実

amazonプライム年会費勝手に

映画やテレビが見放題のプライム・ビデオ、100万曲以上が聴き放題のプライム・ミュージック、マンガや雑誌が読み放題のプライム・リーディングなど、楽しめるコンテンツがいっぱいです。内容がとても充実していて無料で利用できますから、夢中になってしまうはずです!

他にもamazonプライムには魅力がたくさん。amazonをたくさん利用する方は、プライム会員になった方が断然おトクです。無料体験から有料会員に移行した場合は、すぐに退会するのではなく、一度amazonプライムの良さを振り返ってみてください。

まとめ

amazonプライムに勝手に登録されてる?! 年会費が引き落とされてる?!

そんなときにはどうすればいいのかお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

知らない間にamazonプライムに登録されていた場合は、おそらく無料体験を利用したことが原因です。amazonプライムの無料体験は、設定を解除しない限り期間終了後自動で有料会員に移行する仕組みになっているので注意が必要です。早めに自動更新を解除する、通知メールの受信設定をするなどして、有料会員への移行を防ぎましょう。

たとえ有料会員に移行しても、特典を利用していなければ退会して年会費の返金を受けることができます。

しかし、amazonプライムは退会してはもったいないほど魅力がいっぱいです。無料期間中だけでは魅力を十分に実感できなかった方は、もう少しプライム会員でいることもぜひ検討してみてください。

本日の平均買取率
90.8%
本日の平均お振込時間
50

お申し込みはこちら