amazonプライムならkindleがおトク!月1冊無料&端末割引

amazonプライムkindle無料

amazonプライム会員のみなさん、amazonプライムならkindleをおトクに利用できることを知っていますか?

kindleとは、amazonが販売する電子書籍リーダーです。kindleで読むために販売されている電子書籍はkindle本と呼ばれており、kindle本を手持ちのスマホやタブレットでも読むためのアプリもリリースされています。

そんなkindle本が、amazonプライム会員なら月に1冊無料で読むことが出来るんです!さらに、電子書籍リーダーのkindle端末を、プライム会員ならば4000円引きで購入が可能です。

今回はamazonプライムとkindleのとってもおトクな関係についてお伝えしていきます。

amazonプライム特典“kindleオーナーライブラリー”

amazonプライム会員にkindleをおすすめする最大の理由が、プライム特典のひとつ“kindleオーナーライブラリー”です。まずはこの特典についてご紹介します。

kindle本が月1冊無料

amazonプライムkindle無料

kindleオーナーライブラリーは、amazonで販売しているkindle本を1か月に1冊、無料で読むことができるというサービスです。小説や実用書、コミックや、ベストセラーの話題作など、60万冊以上のタイトルから好きなものを選ぶことができます。実用書などは1冊で数千円することもありますから、それを無料で読むことができるのはかなり嬉しいですよね。毎月1冊ずつ利用すれば、1年で1万円以上得することも難しくありません。

kindleオーナーライブラリーでダウンロードしたタイトルは、次のタイトルを借りるまでは無期限で読むことができます。1か月間しか読むことができないというわけではないので、読むのに時間がかかりそうなタイトルや、面白くて何度も読み返したいと思うタイトルも無料で存分に読むことができます。

プライム対象外のタイトルも読める

kindleオーナーライブラリーの嬉しいポイントは、ただ単純に無料でタイトルが読めるというだけではありません。

amazonプライムには、対象のkindle本が無料で読み放題のPrime Readingというサービスがありますが、Prime Readingで読むことのできる対象タイトルはすべてのkindle本のうち数百冊です。対象となっているタイトルが少ないので、せっかく読み放題の特典があるのにPrime Readingでは読みたい本が読めないということが珍しくないのです。

しかしkindleオーナーライブラリーならば、Prime Readingよりはるかに多くのタイトルが対象になっているので、読みたいと思える本を読める確立が高いのです。電子書籍を読むのにPrime Readingだけでは物足りないと思っているプライム会員の方は多いと思います。そういった方は、ぜひkindleオーナーライブラリーを利用してください。

特典を受けるにはkindle端末が必要

amazonプライムkindle無料

kindleオーナーライブラリーを利用するうえで注意が必要なのは、利用にはkindleまたはFire端末が必要になるという点です。

Prime Readingは、kindle端末がなくとも手持ちのスマホやタブレットにアプリをダウンロードすることで利用することができます。そのため、kindle端末もFire端末も持っていないプライム会員の方もいるでしょう。しかし、Prime Readingと違い、kindleオーナーライブラリーはkindle端末かFire端末を持っていないと利用することができないのです。端末を持っていないプライム会員の方は、kindleオーナーライブラリーを利用するために購入を検討してみてください。

kindleオーナーライブラリーを利用するためにkindle端末を購入するのはもったいないと思うかもしれませんが、プライム会員で読書好きの方は、kindle端末を購入しても損はないと思います。私がそう考える理由を、次の章で説明します。

amazonプライム会員にはkindle購入がおすすめ

kindle端末を持っていないプライム会員の方で、読書好きの方には、ぜひ端末の購入をおすすめします。端末を持っていれば月に1冊電子書籍が無料になるkindleオーナーライブラリーが利用できます。Prime Readingで読むことのできなかったタイトルも、kindleオーナーライブラリーならば読める確率が高いのです。

さらに、プライム会員ならば、kindle端末をおトクに購入できるんです。

kindle端末が4000円引き

amazonプライム会員ならば、kindle端末とFire端末を4000円引きで購入することができるのです。端末には複数の種類があり、すべての種類を4000円引きで購入できるわけではありませんが、値引き対象の端末で充分kindle本を楽しむことができます。

一番安価な種類を選べば、値引きされた状態だと5000円程度でkindle端末を購入できます。kindleオーナーライブラリーで1000円程度のタイトルを3~4冊借りてしまえば元が取れる計算になります。5000円程度で購入できる電子書籍リーダーというのはかなり安価だと思いますので、読書好きの方にはおすすめなんです。

kindle端末のメリットとは?

スマホもタブレットもあるのに、電子書籍リーダーをわざわざ買うのも…と感じている方に、kindle端末のメリットをお伝えします。

  • 紙の本のように読みやすい

スマホやタブレットのスクリーンと違い、明るい日差しの中でも反射が少ないのがkindle端末の特徴です。バックライトが内臓されていないので目に優しく、紙の本と同じような読み心地で疲れにくいです。また、メールやSNSのプッシュ通知がないので読書しているときに集中が途切れません。

amazonプライムkindle無料

  • 紙の本よりも便利

文中に意味が分からない単語があった場合、すぐに検索し、調べることができます。オフラインでも辞書機能が使えるので、地下鉄に乗っているときなど電波状況が悪いときでも問題なく読書を楽しむことができます。調べた単語は自動的に単語帳に登録されるので、わからなかった単語の復習もラクラクです。

また、文字サイズを自由に変更できたり、注釈をページをめくらずに見ることができたりするので、紙の本を読む時に面倒に思っていたことがkindle端末ではスムーズに進みます。

amazonプライムkindle無料

他にも本を置く場所を取らない、紙の本ほど重くない、外国語の本を翻訳できるなど、kindle端末ならではの良さが多くあります。

割引対象のkindle端末

それでは、プライム会員が4000円引きで購入できるkindle端末とFire端末をチェックしてみましょう。それぞれの価格は以下の表の通りです。

種類 通常価格 割引価格
Kindle ¥8,980 ¥4,980
Kindle Paperwhite ¥14,280 ¥10,280
Kindle Paperwhite マンガモデル ¥16,280 ¥12,280
Fire ¥8,980 ¥4,980
Fire HD8 ¥12,980 ¥8,980

高価なものほど機能が充実しているのですが、電子書籍を読むことに目的を絞るならオーソドックスなkindleで充分です。

Paperwhiteシリーズは、kindleよりも解像度が高く、さらに目に優しい設計になっています。また、電子のマンガを読むのに特化した、ページ送りや絵の拡大がスムーズにできるマンガモデルもあります。

Fire端末はkindleとは違うタブレットのシリーズですが、電子書籍リーダーとしての機能も高く、こちらもプライム会員だと4000円引きになります。Wi-Fiに接続すればインターネットも使えるので、プライム会員の方はプライム・ビデオやPrime Musicなどの特典もFire端末ひとつで楽しむことができます。

プライム会員ならばおトクに購入できるkindle端末、読書好きの方にはおすすめです。

kindle unlimitedとは?

amazonが提供する電子書籍読み放題のサービスには、Prime Readingの他に、kindle unlimitedというものもあります

ここからは、ふたつの読み放題サービスの違いについて取り上げます。

Prime Readingとkindle unlimited

Prime Readingとkindle unlimitedはどちらも会員制の有料サービスです。Prime Readingはamazonプライムに登録することで利用できる特典のうちのひとつですが、kindle unlimitedは完全に電子書籍の閲覧に特化した特典で、amazonプライムのように音楽やビデオが見れる特典はありません。

以下の表に、ふたつのサービスの特徴をまとめました。

Prime Reading kindle unlimited
価格 月額¥325(プライム会費) 月額¥980
対象者 プライム会員 amazon会員なら誰でも加入可能
タイトル数 和書・洋書合わせて数百冊       (すべてunlimitedに含まれる) 和書12万冊以上、洋書120万冊以上
ジャンル 本、漫画、雑誌など 本、漫画、雑誌など

大きな違いは、やはり対象となるタイトルの数だと思います。Prime Readingが数百冊なのに対し、kindle unlimitedは130万冊以上の中から読みたいタイトルを選ぶことができます。なお、プライム対象のkindle本はすべてkindle unlimitedの対象になっているので、プライム会員にならなければ読むことのできない本というのはありません

どっちがおすすめ?

amazonプライムkindle無料

電子書籍の読み放題には、Prime Readingとkindle unlimitedのどちらがおすすめでしょうか?その答えは、重視するポイントで変わります。

□amazonをおトクに利用したいならPrime Reading□

もしamazonをおトクに利用する一環として電子書籍を利用したいという程度なら、amazonプライムの特典・Prime Readingで十分でしょう。amazonプライムにはPrime Reading以外にも魅力的な特典がたくさんありますから、読みたい本がPrime Readingで読めなくても、他の特典を利用することで十分満足できるはずです。

しかし、電子書籍目当てでamazonプライムに登録するのはおすすめしません。前述したように対象のタイトル数が少ないので、電子書籍をたくさん読みたい人には満足できない可能性が高いと思います。

□とにかく本が読みたいならkindle unlimited□

読書が好きで、とにかく本が読みたいので電子書籍読み放題のサービスに登録したいというのであれば、絶対的にkindle unlimitedがおすすめです。kindle unlimitedは対象のタイトル数も多いですし、Prime Readingと違って読みたい本が対象内で見つかるはずです。さらに、kindle unlimitedはkindle端末だけでなく手持ちのスマホやタブレットでも利用することができるので、いつでもどこでも楽しめます。

ふたつの電子書籍読み放題サービスには、それぞれの良さがあります。自分に合っているサービスはどちらか考慮したうえで、登録を検討してみてください。

まとめ

今回は、amazonプライムとkindleの関係について詳しくお伝えしてきました。

amazonプライムには、月に1冊kindle本が無料になるkindleオーナーライブラリーという特典があります。利用にはkindle端末が必要になりますが、Prime Readingでは読めないタイトルを選択することができるので、読書好きの方には嬉しい特典ではないでしょうか。プライム会員ならばkindle端末は4000円引きになり、おトクに購入できるので、持っていない方には購入をおすすめします。

また、読書好きの方はkindle本が読み放題になるkindle unlimitedを合わせて登録するとよいでしょう。Prime Readingでは読むことのできなかった本も、存分に楽しむことができますよ。

amazonプライム会員におすすめのkindleを利用して、電子書籍を満喫してください。

本日の平均買取率
90.8%
本日の平均お振込時間
50

お申し込みはこちら