クレジットカード現金化ユーザー必見!3つの裏ワザ+1

クレジットカード現金化裏ワザアイキャッチ

クレジットカード現金化をもっと効率よくやりたい!

誰も知らない様な、クレジットカード現金化の裏ワザは無いかな?

日頃からクレジットカード現金化を行っていると「もっとスムーズに!」「もっと高換金率な方法は?」と良い条件で現金化したいと考えますよね。そこで今回は専門業者に頼らずにできる、クレジットカード現金化の裏ワザを3つ紹介します。

それぞれの具体的な方法と、メリット・デメリットについて解説していきましょう。

クレジットカード現金化の裏ワザ3選

クレジットカード現金化の裏ワザが知りたい!

それでは早速今回紹介する3つの裏ワザを紹介します。

  • クレジットカードで購入した商品を返品して現金化
  • 食事会等での会計をクレジットカードで立て替えて現金化
  • クレジットカードで購入した商品を他店で売却して現金化

以上の3つの方法が今回紹介する裏ワザです。

これらの方法を使って現金化をすることで、専門業者を使わずに自力でクレジットカードの現金化ができます。

詳しい方法については各章でそれぞれ解説するので、気になった裏ワザからご覧になって下さい。

裏ワザのメリットとデメリット

今回紹介する裏ワザは現金化の専門業者を利用せずに自分でクレジットカードの現金をする方法です。

これらの裏ワザを上手く利用する事で得られる最大のメリットは、高換金率を狙えるという点になります。

また、業者に依頼する場合には必ず必要となる個人情報の開示も避けることができるのです。

ただし、当然のことながら業者を使わないことによるデメリットもあります。

これまでは業者に丸投げしていた現金化への段取りを全て自分で担わなければならない点です。

では具体的にどんな段取りで現金化をしていくのか?

次の章から方法別に紹介していきましょう。方法ごとのメリットとデメリットもそれぞれの章で紹介しています。

【裏ワザ①】購入した商品を返品する現金化

返品

1つ目の裏ワザは、クレジットカード購入した商品を返品する方法です。

まずはクレジットカードを使ってめぼしい商品を購入します。

そして2~3日経ってからその商品を返品して、現金で返金してもらうという裏ワザです。

こちらは非常にシンプルで分かりやすい現金化方法と言えます。

買った商品の金額そのままが現金になるので事前の見通しも立てやすいです。

購入する商品としてはブランド品や家電製品といった比較的な単価の高いもののほうが効率的でしょう。

唯一にして最大のメリット

返品による現金化は商品の代金が全額戻ってきます。

つまり100%の換金率で現金化することが可能なのです。

キャッシュカードの現金化は様々な方法がありますが、100%の換金率はなかなかありません。

業者経由での手数料や、転売時に発生する売り買いの差額という様なマイナス要素が何も無いです。

難しいことは考えずに少しでも高い金額を現金にしたいという方に向いているやり方と言えます。

3つのデメリット

この現金化方法はメリットに比べてデメリットが多いです。

高い換金率に目が眩んで決断を早まらないでください。

返品による現金化を検討されている場合は、以下の3つのデメリットを認識しておきましょう。

  • 迷惑
  • 日数がかかる
  • 現金で返金されない店舗

これらのデメリットについて一点ずつ説明するので、必ず確認してください。

迷惑

店舗側からすると、このような返品はシンプルに迷惑です。

商品がクレジット決済で購入される度に店舗はクレジット会社に3~5%程度の手数料を支払っています。

商品が返品されると店舗は何も売れていないのに手数料だけ支払ったという状態になるのです。

採算としてははっきりとマイナスになるので、店側としてはたまったものではありません。

また、返品を何度も繰り返していると現金化を怪しまれて最悪の場合は出禁の可能性もあるでしょう。

さらにカード会社から見てもカード決済した商品の返品は現金化の警戒ポイントになっています。

この方法で何回も現金化を行うと、いずれ店舗側かカード会社からペナルティがくる可能性が高いのです。

日数がかかる

商品の返品はクレジット決済完了を待つ必要があるので、最低でも2~3日は日数をまたぐ必要があります。

決済処理が完了する前に返品をしてしまうと、決済そのものがキャンセルされてしまうからです。

こうなってしまうと現金での返金を受ける事ができなくなります。

このような理由により、返品を利用した現金化はスピード面でおおきなデメリットがあるのです。

現金で返金されない店舗

クレジットカード決済をした商品の返品に現金で対応してくれない店舗も珍しくありません。

購入した金額分を該当する決済月の支払いから差し引くということもできるからです。

このような対応をされると返品しても現金は手に入れる事ができません。

利用する店舗が現金での返金に対応してくれるかどうかは事前にリサーチしておく必要があるのです。

【裏ワザ②】飲み会等で大人数の決済を立て替えて現金化

乾杯

2つ目の裏ワザは、飲み会などの大人数の決済を立て替えて現金化する方法です。

複数人で外食をした際、会計時に自分が代表してクレジットカードで精算をします。

そして、自分以外のメンバーから現金で代金を徴収するという裏ワザです。

友達との食事や会社の懇親会、同窓会や忘年会等様々な場面で活用ができるやり方です。

今回の記事を書いていて、私自身もこれをやったことがあることを思い出しました。
その時は特に現金化目的というわけでは無かったです。
しかしちょうど手持ちが無かったタイミングで、財布にお金が増えてラッキーという気分になっていました。

友人や同僚とのランチや飲みの席が頻繁にある方なら、比較的気楽に実践できるのではないでしょうか。

3つのメリット

クレジットカードで立て替えての現金化におけるメリットは以下の3つになります。

  • その場で現金化可能
  • 現金化目的かどうか不透明
  • 100%の換金率+クレカポイント

それぞれ解説していきましょう。

その場で現金化可能

この方法を活用すれば、食事を済ませてお店を出るころには財布の中に現金が入っています。

非常にスピーディーな現金化が可能な方法なのです。

ちょっと現金が足りなくなりそうだなと思ったら、その晩に友達を誘って飲みに行けば成立します。

現金化目的かどうか不透明

調査

飲食店でのお会計にクレジットカードを使用する事はごく普通のことです。

カード会社は現金化目的のショッピング枠利用を警戒ますが、この方法は現金化目的と疑われにくいのです。

この方法で行う現金化はカード会社の警戒網から逃れられる可能性が高い方法なのです。

しかしながら、絶対に大丈夫だという保証はどこにもないので注意は怠らないようにしましょう。

100%の換金率+ポイント

換金率100%

この方法は業者や別のサービスを介する事が一切ないので、換金率は100%です。

さらにはクレジットカードを使って支払いを行うのでカードのポイントまで付いてきます。

つまり、100%+αという他の方法ではまずありえない還元率になるのです。

さらに、現金を徴収する際に小銭あんまりないから多めに出すよという人も結構います。

こういう人がいればさらに多くの現金が手に入ることでしょう。

場合によっては、小銭が無い人にちょっとくらい少なくてもいいよという気遣いをするのも良いかもしれませんね。

3つのデメリット

還元率の面で非常に優れたこちらの現金化方法には以下のようなデメリットもあります。

  • 1人ではできない
  • 大人数になると面倒
  • 見られないように会計

この換金方法は人によって向き不向きがハッキリと分かれることが多いです。

これらのデメリットを受け入れられない方は、他の方法での現金化をオススメします。

1人ではできない

1人の食事

自分以外の飲食代金を現金としてもらうという方法なので、1人で外食をしても意味がありません。

一緒にお店に言ってくれる人が必ず必要です。

また、友人等に声をかけても相手の都合が合わない場合も当然あります。

自分の都合だけで現金化を行うことができないという点が大きな特徴であり、デメリットなのです。

大人数になると面倒

大きい金額での現金化を考えた場合はそれなりに人数が必要になります。

親しい友人だけを誘うのであれば気楽ですが、会社や部署単位になってくると負担が大きくなります。

事前の店選びや食の好み等、幹事としてしっかりと動く必要がでてきます。

こうなってくると時間や手間を大きく取られることが想像できます。

金額に見合った煩わしさであると割り切れない方にはデメリットになることでしょう。

見られないように会計

お会計時の注意

現金を徴収してクレジットカードで支払うというやり方を不愉快に思う人も少なからずいます。

支払いでクレジットカードポイント分の得をしようとしていると思われる場合等です。

別にその人が損をしているわけでは無いのですが、ここは人の気持ちの問題なのでどうにもなりません。

余計なトラブルの可能性は極力回避すべきですから、他の人から見えない所での支払いが無難です。

【裏ワザ③】購入した商品を売却する現金化

転売

3つ目の裏ワザは、購入した商品を売却する方法です。

こちらの裏ワザについては「転売」と言ってしまえば分かりやすいのではないでしょうか。

まずはクレジットカードを使って商品を購入します。

この時購入する商品ですが、換金性の高いものや中古品買取りで取引しやすいものを選びましょう。

そして購入した商品をオークションやフリマサイト、または各買取店などで売却して現金を得るという方法です。

しかし、今回紹介している現金化のやり方の中でこちらの方法はもっともオススメしないやり方です。

それを踏まえて、こちらの現金化方法についてもメリットとデメリット比較してみましょう。

メリット

正直に言ってしまうと、この現金化方法を選ぶメリットは特にないです。

次の項目で紹介しているデメリットの内容を考えると、クレカ現金化の業者に依頼した方が総合的に考えて効率的と言えます。どうしても現金化業者を使いたくない!そして尚且つ1章と2章で紹介している方法での現金化が出来ない、という方ぐらいにしかオススメしない現金化方法なのです。

2つのデメリット

こちらの現金化方法についてのデメリットは以下の2点です。

  • 手間がかかる
  • クレジットカード停止の危険

これといったメリットが特にないこの現金化方法に付きまとう決定的なデメリットとなっています。

それぞれ説明していくので検討されている方は是非ご覧になってください。

手間がかかる

忙しい

まず大前提として、購入した商品を自分で売却するのでその手間かかります。

しかも単純に買って売るだけでは換金率を高く保つことも難しいです。

売却するときには需要が高い商品ほど買取率は高くなります。

これは逆にいえば、需要によって換金率は大きく下がるということです。

こういった市場の需給を見極め、現金化する際にどの店でどの商品を転売すれば満足できる換金率で取引できるのかを考える必要があるのです。つまりこの現金化方法は単純に買って売るというだけの手順ではありません。

  • その時点で高価売却できる商品を選別
  • 商品を購入
  • より高価で買取してくれる店舗を選別
  • 商品を売却

このような手順になるのです。

この手順に沿っていく中で店舗に直接足を運んだり、商品到着を待ったりするなどさらなる手間がかかったりもします。

ここまで手間をかけて頑張って、やっとそれなりに高い換金率での現金化が実現するのです。

現金化方法の中でもこちらのやり方をオススメしない最大の理由がこの煩わしさであると言えます。

クレジットカード停止の危険が高い

ペナルティ

カード会社はクレジットカードのショッピング枠を使った現金化には常に警戒をしています。

そのため、換金性の高い商品は常に監視されている可能性が非常に高いのです。

現金化する際にオススメされる商品としてよく名前が挙がるものに新幹線の回数券」や「ブランド品」、「ゲーム機本体などがあります。しかしながらこれらの商品が現金化に利用されがちであることはカード会社も周知の事実です。

こういった商品を普段はあまり購入しないのに、いきなり大量に購入すると現金化目的と判断されることもあります。

そしてペナルティとしてカードの利用停止という措置がとられるのです。

もしもこの方法で現金化を検討している場合は購入する商品や量を考えて、カード停止には十分に注意しましょう。

【番外編】交通系ICを解約して現金化

交通系IC

ここで紹介するのはクレジットカードの現金化ではありません。

「Suica」や「Pasmo」等の交通系ICカードを解約して現金を手に入れる方法です。

これらのカードは駅の窓口に行けば解約をすることが出来ます。

そしてこの解約時にカード内の残高が現金で受け取れるようになっているのです。

この記事の最後に、クレジットカードではなく交通系ICを解約する方法での現金化について紹介しておきます。

2つのメリット

交通系IC解約による現金化のメリットは以下の2つです。

  • クレジットカードを使わずに現金化
  • 残高100%+デポジットが返金

これらのメリットは、クレジットカードでの現金化とは全く異なる特徴となっています。

それでは順番に解説していきましょう。

クレジットカードを使わずに現金化

単純な話ですが交通系ICを解約するだけなのでクレジットカードは一切関係ありません

クレカでの現金化時には常にカード停止というリスクが大なり小なりつきまとうものでした。

しかし、この方法であれば完全にカード会社の監視の外なのでカード停止などのリスクを考える必要はなくなります。

クレジットカード使うよりも安全に現金を手に入れる事ができるのです。

残高100%+デポジットが返金

デポジット

解約時、交通系ICにチャージされている残高は全額返金されます。

これは換金率で言うところの100%です。

クレジットカードで現金化の際には手段を選ぶ必要があった換金率100%ですが、交通系ICの解約であれば当然のように100%換金されます。さらに、交通系ICの解約時にはデポジットも受け取ることができるのです。

ICカードを発行して日が経つと忘れがちですが、発行時に数百円程度のデポジットが必要になっています。

ICカードの解約時にはこのデポジットも返金されるので、100%の残高とデポジットの両方を現金で得られるのです。

※ICカードの種類によっては解約時に払い戻し手数料が発生するものもあります!

デメリット

交通系ICを解約しての現金化におけるデメリットは主に以下の2点です。

  • ICカードが使えなくなる
  • 高額の現金化に向いていない

これらについても説明していきましょう。

ICカードが使えなくなる

切符

解約したICカードは当然使用できない状態になります。

間違っても一時的な現金化のために、これから先も使うICカードを解約することの無いようにしてください。

あくまでも現金化用として解約してしまっても支障のないものを解約するようにしましょう。

高額の現金化に向いていない

交通系ICカードはチャージ金額に制限があります。

コンビニや飲食店など利用できる場所が増えている交通系ICですが、あくまでも本来の用途は運賃の精算です。

そのため、一定金額以上の高額チャージにはどのカードも制限があります。

そもそも大きな金額をチャージできないので、高額の現金化に利用する事は難しいでしょう。

まとめ

今回はクレジットカードの現金化業者を使わずに、自力で現金化する裏ワザを紹介していきました。

返品」「立て替え」「転売」という3つの方法を使ってクレジットカードを自分で現金化する事が可能です。

各章で紹介しているように、それぞれに特徴的なメリットとデメリットがあります。

これらを考えると「転売」での現金化をするのであれば業者に依頼する事をオススメします。

返品」であれば店舗への迷惑、「立て替え」であれば周囲の人との人間関係やスケジュール等への配慮を忘れないでください。このように、業者を使わなくても現金化を行う方法は案外あるものなのです。

業者への依頼だけでなく、ここで紹介した4つの現金化方法を知っていれば現金に困った際の選択肢も大きく広がるのではないでしょうか。

本日の平均買取率
81.2%
本日の平均お振込時間
50

お申し込みはこちら